学生・教職員価格での割引購入

マイクロソフト・EES(旧 キャンパスアグリーメント)

本学は日本マイクロソフト社と教育機関向けライセンスプログラム「EES」(旧 キャンパスアグリーメント)契約を締結しています。
この契約は、本学に所属する利用者(学生、教職員)の人数に対して、非永続的なソフトウェアの使用ライセンスの発行を受けるものです。

大学が所有・管理するPCへのインストール

対象 (教職員のみ)

  • PCに機器備品番号があるもの(番号が発行待ちのものも含む)、大学が契約をしているリース物件等が対象になります。
  • PC購入時の予算の種類・金額により、PCが大学が所有する物品とはならない場合があります。その場合は対象外となりますので注意してください。

申請、インストール方法について

学内よりこちらのページをご覧ください。

個人が所有・管理するPCへのインストール

対象

この場合は一人につき1台のみ、同一ソフトは1ライセンスのみとします。

教職員
専任・兼任・特任は問いませんが、契約上、客員教員、共同研究者等は含まれません。
学生
学部生、大学院生(博士前期課程、同後期課程、修士課程、専門職学位課程)
(契約上、科目等履修生、研究生、付属高校生、付属中学生等は含まれません)

上記に該当する場合はMicrosoft Officeシリーズ、Microsoft Windowsのアップグレード など、契約上許諾されたソフトウェアをインストール・利用することが可能になります。
詳しくは情報基盤本部の案内ページをご覧下さい。

購入するには

教職員・学生等の個人が所有するPCへの導入についてから

  1. 「メディア注文書」
  2. 「誓約書」※学生は証明書発行機から「誓約書」を取得
  3. 「情報の記録に関する同意書」

をダウンロードして印刷し、メディア購入代金(1枚1,400円)を用意して明大マートで購入できます。

注意事項

  • 学部から大学院に進学した場合は、学籍番号も変わるのでもう一度この制度を利用することができます。
  • 学生証が壊れて使用できない場合は、学生証の再発行後に証明書自動発行機で誓約書を発行して購入して下さい。

インストール時の注意

  • インストールのサポートはありません。各自でインストールを行って下さい。
  • 異なるバージョンのOfficeソフトを一つのパソコンにインストールすることはお勧めしていません。
    既にOfficeが入っている場合はアンインストールしてから新しいOfficeをインストールしてご利用ください。
  • 学生へのDVDドライブの貸出はありません。DVDドライブがついていないパソコンをご利用でDVDメディアを購入した場合は、外付けドライブを購入していただくか、ドライブ付きのパソコンを用意してドライブを共有してからインストールを行って下さい。
    参考:ドライブのルートを共有する方法(Windows 7/Microsoft)
  • 一人につき一台のライセンスのため、パソコンを買い換えた場合は古いコンピュータのソフトウェアを削除してから新しいコンピュータにインストールしてください。
  • マニュアル通りに設定してもダウンロードサイトからソフトをダウンロードできない場合は以下をお試し下さい。
    1. Internet Explorerのアイコンを右クリックし、[管理者として実行]を選択
    2. [ツール]>[インターネットオプション]を開く
    3. [セキュリティ]タブ>[ローカル イントラネット]を選択
    4. [サイト]>[詳細設定]を開き、「このWebサイトをゾーンに追加する」に【*.meiji.ac.jp】を追加
  • アップグレード版Windowsをインストールした場合、ダウンロード版、メディア版共にライセンス認証が必要です。
    [スタート]>[コントロールパネル]>[システムとセキュリティ]>[システム]を開いた際に、

    「Windows のライセンス認証を○○日以内に行ってください。今すぐライセンス認証を行う場合はここをクリックしてください。」

    と表示されている場合は、
    マニュアル(MIND内のみ閲覧可)の「5.ソフトウェアのライセンス認証について」を参考に認証を行って下さい。
  • 購入手続きのご不明な点は明大サポートにお問い合わせください。

アップル・オン・キャンパス

本学はアップル・オン・キャンパス・プログラムに参加しており、在籍する学生、教職員のMac本体と周辺機器の個人購入が特別価格となります。
Appleの学生・教職員価格よりも安い価格となります。

詳しくはアップル・オン・キャンパスの案内ページをご覧下さい。