所属研究者

鈴木利廣

【職歴・現職】
   1947年 東京生まれ
   1969年 中央大学法学部卒業
   1973年 司法試験合格
   1976年 弁護士登録(東京弁護士会)
   2004年 すずかけ法律事務所開設に参加
   2004年 明治大学法科大学院専任教授(医事法担当、2017年定年退職)
   2017年 明治大学名誉教授、学長特任補佐、医事法センター顧問   

【研究テーマ】
   医事法学、薬事法学、患者の権利論

【活動・研究】
   1.弁護士活動
    医療問題弁護団(顧問)
    患者の権利法をつくる会(常任世話人)
    東京HIV訴訟弁護団(事務局長)
    薬害オンブズパースン会議(代表)
    薬害肝炎全国弁護団(代表)
    薬害対策弁護士連絡会(共同代表)
   2.研究活動
    日本医事法学会(理事)
    日本生命倫理学会(監事)
    日本法哲学会
    臨床法学教育学会
    ハンセン病市民学会
   3.委員
    産科医療補償制度(運営委員、原因分析委員)
    医療事故調査・支援センター(総合調査委員)
    東京都医療安全推進協議会委員、
    ハンセン病問題に関する検証会議の提言に基づく再発防止検討会委員
    東京三弁護士会医療ADRあっせん人候補者
    日弁連医療ADR特別部会委員
   4.主な出版(編者、共著を含む)
    「判例評釈・医療事故と患者の権利」(エイデル研究所、1988年)
    「患者の権利とは何か」(岩波ブックレット、1993年)
    「人権を考える本 ①医療・消費者と人権」(岩崎書店、2002年)
    「薬害エイズ裁判史」(日本評論社、2002年)
    「医療事故の法律相談(全訂版)」(学陽書房、2009年)
    「薬害肝炎裁判史」(日本評論社、2012年)
    「医薬品の安全性と法」(エイデル研究所、2015年)


小西知世

【経歴】
   明治大学大学院博士前期課程法学研究科民事法学専攻修了
   明治大学大学院博士後期課程法学研究科民事法学専攻単位取得退学
   筑波大学大学院人文社会科学研究科法学専攻准教授
   明治大学法学部准教授

【研究テーマ・活動実績】
   筑波大学付属病院臨床研究倫理審査委員会委員(2007~)
   筑波大学付属病院医療倫理委員会委員
   山梨看護協会看護管理者制度セカンドレベル研修会講師(2009~)
   東京都メディカルコントロール協議会専門委員会
    (指示指導医委員会・救急隊員の研究に関する委員会)委員(2011~)
   日本疫学会倫理審査委員会委員(東日本)(2012~)

【主な著書・論文】
   「医療制度改革と看護のゆくえ」看護学雑誌70巻10号~12号(2006年)
   「契約による福祉と事業者の応諾義務-医師の応招義務を類比して-」
    新井誠・本澤巳代子・秋元美世『福祉契約と利用者の権利擁護』
    (日本加除出版,2006年)
   「インフォームド・コンセント」甲斐克則編『ブリッジブック医事法』
    (信山社,2008年)
   「医療安全とプロフェッション-民事法の立場から-」
    年報医事法学26巻163?171頁(2011年)


船橋亜希子

【経歴】
   明治大学法学部法律学科卒業
   明治大学大学院法学研究科博士前期課程修了
   明治大学大学院法学研究科博士後期課程入学

【職歴】
   明治大学法科大学院医事法センターRA (2011年4月~2015年3月)
   明治大学法学部助手 (2015年4月~)

【研究業績】
   「医療過誤における注意義務の一考察
    -薬害エイズ帝京大学病院事件判決を素材として-」
    法学研究論集38号(2013年)pp.99-117


河野敏也

【経歴】
   弘前大学人文学部社会システム課程卒業
   明治大学大学院法学研究科博士前期課程修了
   明治大学大学院法学研究科博士後期課程入学

【職歴】
   明治大学法科大学院医事法センターRA (2015年4月~2016年10月)
   立正大学法学部非常勤講師 (2015年4月~)



柴尾徹

【経歴】
   明治大学法学部法律学科卒業
   明治大学大学院法学研究科博士前期課程修了
   明治大学大学院法学研究科博士後期課程入学

    

【現職】
   明治大学法科大学院医事法センターRA (2016年11月~)