学会報告・講演・イベント等

明治大学現代中国研究所主催、明治大学国際連携本部(国際交流基金事業)後援で、香港中文大学の周保松教授をお招きし、『香港雨傘運動と「一国二制度」の将来』と題する講演会を開催します。

香港雨傘運動と「一国二制度」の将来

 雨傘運動(2014年)は、香港政治の分水嶺になった。それは香港の政治パラダイムを転換させただけでなく、一国二制度の政治的な枠組みをも転覆し、一方では世界規模における市民の不服従運動のモデルとなったのである。明治大学現代中国研究所では、雨傘運動のリーダーの1人であり政治学者である香港中文大学の周保松教授を招聘し、以下の内容について講演していただく。

  • 1.雨傘運動はなぜ発生したのか。運動の社会的、政治的な背景は何だったのか。
  • 2.雨傘運動はどのような性質の運動だったのか。その政治的な要求、運動の方策はいかなるものだったのか。
  • 3.私たちはいかなる角度から雨傘運動を評価すべきなのか。運動はどのような成果を得たのか、そして何を失ったのか。
  • 4.雨傘運動は香港政治および中国・香港関係にいかなる影響をもたらし、現在、どのような事態に直面しているのか。
  • 5.雨傘運動は中国社会と民主運動にどのような経験と啓発を残したのか。

フライヤのPDFファイルの閲覧またはダウンロード

下記のリンクボタンからアクセスしてください。
一部のブラウザでは別ウィンドウまたはタブで開きます(file size : 257KB)


講演者 周保松氏(香港中文大学教授)
日時 2018年06月24日(日)14:00〜17:15(開場 13:30)
会場 明治大学駿河台校舎 アカデミーコモン3階会議場
参加費 入場無料/事前予約不要
主催 明治大学現代中国研究所
後援 明治大学国際連携本部(国際交流基金事業)
司会 石井知章(明治大学商学部教授)
コメンテーター 倉田徹氏(立教大学教授)
通訳 徐行(東京大学助教)


その他の報告・講演・イベント等