大学院(博士前期課程)の講義科目 
講義の内容と教科書は、明治大学の外への紹介は省略します。その内容は、下記の「学部の講義科目」を参考にしてください。
なお、学内のOh-o! Meijiでは、みることができます。

リサーチ・コース講義(昼間) 内容は基本的なレベルです。たとえば、外国人留学生、日本の大学における学部生の時に、雇用労働についての経営学・経済学の科目を履修しなかった学生、履修したが身につかなかった学生、に向いています。

「労使関係特論A」(春学期の開講)           「労使関係特論B」(秋学期の開講)

マネジメント・コース講義(夜間 水曜日1800-1930)  おもに社会人大学院生向けです。

「労働経済特論」(春学期の開講)            「賃金管理特論」(秋学期の開講)


学部の講義科目 科目名をクリックすると講義内容の予定にリンクします

雇用関係論(春学期の開講)              「労使関係論(秋学期の開講)  


雇用関係論の講義予定

 第1回 はじめに―雇用労働とは何か―
 第2回 データでみる現代日本の雇用労働
 第3回 特徴ある男性稼ぎ主型家族
 第4回 人的資本論とその周辺
 第5回 雇用の「人」基準と「職務」基準
 第6回 日本的雇用慣行(1)―募集と選考―
 第7回 日本的雇用慣行(2)―コース別人事管理と昇進管理―
 第8回 日本的雇用慣行(3)―賃金制度と人事査定―
 第9回 復習
 第10回 賃金の決め方と上がり方の国際比較―「同一価値労働同一賃金」をめざす職務評価―
 第11回 非正規労働者の雇用と人事管理
 第12回 女性の雇用労働と生活
 第13回 雇用はなぜ正規と非正規に分かれたのか―歴史的考察―
 第14回 雇用関係の変容
 第15回 まとめ



労使関係論の講義予定

 第1回 はじめに―公正な雇用労働をめざして―
 第2回 1960年代型日本システム
 第3回 システムの機能不全(1)―雇用不安・過労死―
 第4回 システムの機能不全(2)―女性の固定化された雇用と生活―
 第5回 労働法と労働組合の形成と機能
 第6回 労働組合の発展―欧米社会―
 第7回 労働組合の発展―日本―
 第8回 日本の企業内組合
 第9回 復習
 第10回 「組合離れ」と企業内組合の機能不全
 第11回 個人加盟ユニオンと労働 NPO
 第12回 集団労働争議と個別労働紛争
 第13回 雇用労働研究の展開と現在
 第14回 新しい社会システムへ
 第15回 まとめ