追悼・大津波の被災者 その2

 大津波に被災したSOASの経済学の先生のことが、翌日の新聞の1面のニュースになりました。

 右下の写真の男子は、5歳になる彼女の次男で、次男だけがまだ発見されていません。彼女はスリランカでこの写真を新聞の広告に掲げ、次男を捜しているとのことです。彼女一家は、休暇を利用してスリランカに「里帰り」していて、4輪駆動車にのっているところを津波に襲われました。

 彼女はlecturerと呼ばれています。米国とことなり、英国ではlecturerというのは、日本でいう(平)教授と助教授を合わせたポジションの先生のことです。

 痛ましいかぎりです。