Site menu:

大学院

 明治大学大学院文学研究科仏文学専攻について説明します。学部の4年間でフランス文学や語学などに強い関心を抱き、卒業後もさらに特定分野の研究を続け る意欲のある学生が大学院に進学します。大学院は「博士前期課程(2年間)」と「博士後期課程(3年間)」の2課程から構成されていて、それぞれ「修士論 文」と「博士論文」を作成して学位を得ることを目指します。
 大学院に入学した院生は、授業に出席する一方で、各自の研究を進めることになります。フランス語の原典を正確に理解し、分析して論文にまとめ上げるため には高度なフランス語の読解力が必要となります。丹念に辞書を引いて語彙力を高めたり、文法事項の確認を怠らないなど、日ごろの努力が欠かせません。
 もし皆さんの中で、フランス文学の研究者になることを希望していたり、フランス語を使う職業に就くことを考えている方がいたら、大学院で勉学に励んでみたらいかがでしょうか。

大学院生の声

文学研究科仏文学専攻博士前期課程2年 

 桑原 秋乃

  大学院では学部時代に培った知識を基に、更により高度で専門的な研究を行います。そのため単なる知識の蓄積だけでなく、常に「なぜ」という疑問を持って主 体的に考える力を養う場でもあります。一人一人がそれぞれの研究テーマを持ち、様々な視点や考えを交わしながらお互いに研究を深め合っていくことも、学部 にはない魅力だと思います。
  また、研究においては原書の読解が必須です。専門的な語彙や文法の一つ一つを丹念に解読していく細かい作業と日々の努力が不可欠となってくるでしょう。具 体的な言語活動、つまり<パロール>としての会話力だけでなく、<ラング>としての言語力を養うことも大学院の目標です。
  現在、仏文専攻の研究科には文学、哲学、言語学、芸術など様々な研究テーマをもった学生が所属しています。多角的な視点からフランスという世界を見つめることで、新しい発見と知の喜びを得ることができます。