Site menu:

田母神 顯二郎教授

専門について

フランスの近・現代詩、特に20世紀の詩人アンリ・ミショーを中心に研究を行っています。ミショーの詩を理解するには、ボードレール、ランボー、マ ラルメといった象徴派以降のフランス詩の展開を押えなくてはなりませんし、特にミショーとほぼ同時代人であるダダイスト、シュルレアリストらの研究も欠かせません。それに加えて、ミショーの作品の分析には精神分析や精神医学、メルロ・ポンティの身体論やドゥルーズ、デリダなどポスト・モダンの思想の理解も 必要です。そんな感じであれこれやっているうちにあっという間に20年以上の歳月が経ってしまいました。それでもまだまだ汲み尽くせない謎を秘めたミ ショーの作品に今しばらくは関わろうと思っています。またミショーはアンフォルメルの画家としても知られており、その縁で、現代美術にも興味を持っていま す。


趣味など

個人的には、旅が好きで、人生を旅に譬えた古今東西の文人に深く共感しています。ひとところにとどまっているのと、同じことを繰り返すのが嫌いなだ けの単なるアマノジャクかもしれませんが、毎日が「小さな旅」、という感覚をもって生きることにしています。しばしば行き当たりばったりで、失敗も少なく ありませんが(笑)、失敗から学ぶという心構えを忘れずに頑張っています。


フランス文学専攻の皆さんへ

私は、人間は皆、ひとりひとりがそれぞれ「ひとつの宇宙」だと思っています。少なくとも人間が様々な可能性に開かれていることを信じています。皆さ んがこれからどのような可能性の花を実現していくのか、それを思っただけで、とてもワクワクしています。皆さんのひとりひとりが、自分の宇宙を限りなく発 展させていけるよう、心から願ってやみません。


 

<< 教員紹介に戻る