Site menu:

コンピュータ上のフランス語入力について

PCでMicrosoft Windows 使用の場合


1.フランス語固有のキーボードレイアウトをインストールする

フランス語の入力にはいくつか種類があります。下の囲み欄に「フランス語(フランス)」と「フランス語(カナダ)の説明がありますが、ここでは日本のキーボードに近いカナダ・キーボードレイアウトのインストール方法を説明します。

@ 「スタート」から「コントロールパネル」を開く。
A 「コントロールパネル」の中から「地域と言語のオプション」を開く。
B 「言語」と書かれたタブを選択し、タブの中にある「テキストサービスと入力言語」という囲みの「詳細」をクリックする。
C 「テキストサービスと入力言語」のウィンドウが開いたら、「インストールされているサービス」という囲みの「追加」をクリックする。
D 「入力言語の追加」というウィンドウが開くので、「入力言語」と書かれたすぐ下の選択メニューから「フランス語 (カナダ)」を選ぶ。
E 「キーボード レイアウト/入力システム」と書かれたすぐ下の選択メニューに「カナダ マルチリンガル標準」が自動的に選択されるので、その状態のまま「OK」をクリックする。
F 「テキスト サービスと入力言語」に戻り、「インストールされているサービス」の囲みの中に「フランス語 (カナダ)」と書かれていれば、設定完了。「OK」をクリックして、閉じる。
G 日本語とフランス語の切り替えは「言語バー」の左端にある「JP」もしくは「FR」と書かれたボタンを押して、使用する言語を選択することで可能になる。


キーボードレイアウト(配列)について
(1)フランス語(フランス)のキーボードにすると、上段左からの文字配列がQWERTYではなく、AZERTYになります。フランス語(カナダ)を選択すると配列が日本のパソコンを同じQWERTYになります。
(2)選択した配列のレイアウトは以下の「Keyboard Layout Wikipedia」のサイトにQWERTYの3.1.2にカナダ・マルチリングアル、AZERTYの3.3.1にフランスのキーボードレイアウトがダウンロードできます。  Keyboard Layout Wikipedia


「フランス語(カナダ)」のキーボードレイアウト
レイアウトを見ただけではわからない部分もありますので、具体的には以下の表を参照してください。

* 注意*
(1)最近では大文字にもアクサンをつける傾向が拡がってきています.その場合はシフトを押しながら文字キーを押します.
(2)以上はWindows XPで動作確認したものです。それ以外のバージョンに関しても同じような操作で入力できるようになると思います。ぜひ、試してみてください。

2.特殊記号入力

フランス語特有の文字を1文字ずつ挿入するときに使います。上部のバーの「挿入」→「記号と特殊文字」をクリックして、種類で「ラテン1補助」でフランス語のアクサンつきの文字などを選択して文章に「挿入」できます。ただし、あとで文章を「選択」してフォント(文字の種類)を統一する手間がかかります。

Macintosh のコンピュータの場合

Macintoshではフランス語キーボードをインストールする方法と、英語入力から直接フランス語入力する二つの方法があります。

1.Macで英語入力からのフランス語文字入力



「システム環境設定」の「言語環境」から,「入力メニュー」(メニューバーからいつでもアクセスすることが出来る)上でフランス語などを選択できるようにすることができます.その場合にはWindowsと同じように簡単にフランス語キーボード(AZERTY配列)やフランス語カナダ配列などにすることができ,アクサン付き文字の入力も直接できるようになります。