Site menu:

履修上の注意

 3年生になると和泉校舎から駿河台校舎へと学び舎が移ります。駿河台校舎の高層建築物の名前を早く覚えるようにしましょう。JR御茶ノ水駅から歩いてきて一番最初にあるのが「アカデミーコモン」です。その次が「12号館」。その隣が「大学会館」で、「12号館」とよく間違えます。道路を挟んだ隣の建物が「リバティタワー」です。下の地図で確認してみましょう。



 皆さんの授業は、「アカデミーコモン」・「12号館」・「リバティタワー」で行われます。
授業科目は1・2年次に学習したフランス語文法の知識と会話表現力を基礎にして、文学作品や時事問題のテキストを分析したり、文化や文学作品について自分で調べ、発表し、仲間と議論しながら、さらにフランス語力を育てると同時に広い教養を身に付ける内容のものが中心になります。皆さんが1年次に受け取った『文学部便覧』に掲載した表を再度載せます。



 3年生以上の科目は1・2年生の科目と関連を持って設置されていますが、皆さんは何を深く学びたいのかをよく考えて科目を履修してください。これは、皆さんの専門分野を特定する上でも大切なことです。というのも、4年生では「卒業論文」(400字詰原稿用紙50枚以上、2万字以上)の作成が控えているからです。3年生の授業を受けながら自分の興味のある分野を見つけて、「何について調べたいのか」、また「どのように調べるのか」という、研究の「主題」と「方法」を学ぶようにしてください。