Q&A

質問のタイトルをクリックしてください。

Q:何故白鷺会と言うのですか?その由来は?

A:昭和の剣聖と呼ばれる人に中山博道(なかやまはくどう)という人がいます。その方は神道無念流という流派の宗家でありましたが、剣道や居合、杖道など、多くの流派を学び、特に長谷川英信流下村派や谷村派を学んだのち、それらを博道流に解釈しました。その流派は、博道没後、夢想神伝流と呼ばれるようになり、多くの人に親しまれています。私たち白鷺会は夢想神伝流を志し、流祖である博道を讃えて、博道の『博』を、同じ読みである『白』に、博道の『道(路)』の字をその一部に持つ『鷺』の字にあて、『白鷺会』と称しているのです。

Q:居合って畳を斬るものですか?

A:違います。「試し切り」という形で行う場合もありますが、畳を切るのは抜刀道に近いです。居合道は形武道なので実際に斬る技術よりも精神の鍛練を重視しています。

Q:真剣を使うのですか?

A:学生は使いません。高段位になってくると使用しますが、学生のうちは基本的に模擬刀と呼ばれる真剣そっくりな切れない刀を用いて行います。

Q:お金はかかりますか?

A:入会金・部費(月毎)の他に大会参加費、連盟登録費などがかかります。一度に出る出費ではないのでアルバイトをしながら捻出できる範囲のものです。稽古着、木刀、刀なども個人購入します。

Q:白鷺会は体育会ですか?

A:体育会ではありませんが、体育同好会連合会という組織に所属しており、大学から助成金をもらっている公認の部活動です。体育会のように真面目に、サークルのように私生活と両立できる存在と考えてもらえればと思います。

Q:学生だけでやっているのですか?指導者はいるのですか?

A:部員は学生のみですが、指導者は充実しています。名誉師範を筆頭に、教士七段の先生方を三人指導陣としてお迎えしています。他にもOBの先輩方が頻繁に稽古にいらしてくれます。

Q:剣道をやっていたのですが居合は役に立ちますか?

A:木刀に慣れているという面や足運びや姿勢など基本的な部分で大いに役に立ちます。しかし逆に剣道をやっていなかったら不利になるということも決してありません。

Q:部活と勉強又は部活と勉強とバイト等両立は可能ですか?

A:可能です。大学から成績優秀者賞をもらいながら活躍していた人もいます。一人暮らしとなるとアルバイトが大変になると思いますが、自分次第で居合も強くなれます。

Q:居合は何をするのですか?痛いのですか?

A:痛くありません。敵対動作ではありますが、実際に打ち合ったりしない形武道なので、一人で演武を行い、稽古するものです。その点で女性にも人気があります。

Q:練習内容はどんなものですか?

A:切り下ろしや抜き付けといった基礎稽古から、全日本剣道連盟の定めた制定形や各流派の古流と呼ばれる技の稽古をします。一年の稽古を通すと、最初は基礎を中心に、後半に向かうにつれ試合に向けた技の稽古を中心に稽古していきます。

Q:どんな雰囲気ですか?

A:稽古は厳しく、普段は親しい雰囲気です。武道に欠かせない礼儀もしっかりやっていくので、社会に出る前に良い経験が積めると思います。

Q:大会等あるのですか?あるとしたらどのように試合をするのですか?

A:あります。地区大会から全国規模のものがあり、なかには団体戦などもありますが、基本的には正面に向かって二人の選手が並び、自分の好きな五本の技を披露しあうという形で行います。勝敗は三人の審判の上げる旗の本数で決まり、そこでは技の熟練度、気合い、礼法の美しさなどが問われます。

Q:初心者でも大丈夫ですか?

A:大学から始める人がほとんどなので大丈夫です。大学を卒業するまでに多くの人が三段を取得します。他大学でも大多数が初心者からはじめるので、試合ではたくさんの良きライバルたちと戦うことができます。

Q:居合をするのに必要なものは何ですか?

A:基本的に稽古着(上下白)、木刀、模擬刀です。入部してから先輩たちの付き添いのもと買いそろえてもらいますが、模擬刀に関しては初年度の内に購入してもらえれば良いので最初は部刀を貸し出します。

Q:週で平均どのくらい練習するのですか?

A:土曜日の全体稽古は必須なので、それを含めて週三~五日が平均的な部員の稽古日数です。もちろん家庭の事情、勉学の都合等でそれ以下の者もそれ以上の者もいますが、一年生の頃は特に三日程度の参加が望ましいです。

Q:飲み会などあるのですか?飲まされますか?

A:大会の後や納会の際に飲み会がありますが、酒の強要は一切しません。特に未成年もいるので酒の量は個人の判断に任せています。

Q:歴史はありますか?

A:二〇〇八年で四〇周年を迎えた由緒正しい部活です。OBの先輩方も多くいらっしゃり、学生との親交もあります。

Q: 実際に居合を見たいのですが?

A:春に靖国神社で、十一月の文化の日には明治神宮にて演武会が行われていて、白鷺会の名誉師範やOBの先輩方が演武することがあります。大会の様子は剣道の季刊雑誌に特集されていることもあるので、ぜひ調べてみてください。

Q:他大学との交流はありますか?

A:あります。学生居合道連盟という組織にも所属しているので、東日本の学生はもちろん、西日本の学生と試合をしたり、交流したりする機会もあります。

Q:流派は何ですか?

A:学生の中では夢想神伝流、田宮流、伯耆流、無双直伝英信流などがありますが、白鷺会は中でも一番多くの人が学んでいる夢想神伝流を学んでいます。この流派は居合の中でも多数の人々に学ばれているので、卒業してからも居合を続けやすいと思います。

Q:合宿はありますか?また、合宿では何をやりますか?

A:夏と春に各一週間程度行います。合宿は技の技術の向上ももちろん精神修行、団結力の強化という目的で行っており、辛いこともありますが、達成感が大いにあり、それぞれが大きく成長していきます。