ようこそ!小関隆志研究室です/ Welcome! This is Takashi Koseki's Office ホーム/Home プロフィール/Profile 講義/Lectures 演習/Seminar 研究/Research

研究成果の公開 | Disclosure of research results

科研費・基盤研究(C) | Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

研究課題:金融包摂による生活困窮からの脱却可能性

(科学研究費補助金・基盤研究C 研究代表者:小関隆志、2016〜2018年度)

研究計画書(科研費申請時:2015年10月)

■本研究の目的
 本研究は、日本における金融排除の実態調査です。途上国や欧米諸国では、適切な金融サービスを利用できずに支障をきたす人が多くいるという「金融排除」の問題が顕在化していますが、日本ではまだ、金融排除の問題が充分に明らかになっていません。そのため、様々な人の日常生活のレベルから金融排除の実態を明らかにするのが本研究のねらいです。

■ファイナンシャル・ダイアリー(FD)調査 (2017年度)
・ファイナンシャル・ダイアリー(FD)調査とは:調査員が、調査対象者世帯の家計を1年間にわたり記録し、あわせて定期的に面談します。家計と聞き取りの記録を分析して、金融排除の実態を調べます。個人情報は徹底して保護します。

・調査員を募集します:原則として社会福祉士またはファイナンシャル・プランナーの方を、調査員として募集します。募集要項はこちらからご覧ください。募集期間は9月上旬までです。

ご応募いただく際の流れ
(1)小関宛にメール (koseki@meiji.ac.jp)でご連絡ください。
(2)履歴書を、小関宛にお送りください。
(3)個別に面談いたします(1時間程度)。
(4)調査員研修会にご出席いただき、合意文書を取り交わします。


・調査員研修会
 9月17日(日) 13:30〜17:30 (4時間)
 明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー 7階 1075教室
 〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1−1(アクセス
 詳細につきましては、案内をご参照ください。
※今年から新規に調査員になっていただく方のみを対象としています。


■インタビュー調査 
・おかげさまで多くの方にご応募いただきました。まことに有難うございました。募集を締め切らせていただきました。