ようこそ!小関隆志研究室です/ Welcome! This is Takashi Koseki's Office ホーム/Home プロフィール/Profile 講義/Lectures 演習/Seminar 研究/Research

研究成果の公開 | Disclosure of research results

科研費・基盤研究(C) | Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

研究課題:生活困窮者困窮者支援におけるフードバンク活動の役割

(科学研究費補助金・基盤研究C 研究代表者:佐藤順子、2015〜2017年度)

研究計画書

2015年度

貧困研究会 第8回研究大会(2015年12月)


2016年度

■日韓フードバンク・シンポジウム「生活困窮者とフードバンクの役割――韓国の最新事例から――」

<開催概要>

2016年11月27日(日)13:00開会 (17:50終了予定)
明治大学駿河台キャンパス リバティタワー14階 1146教室
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
参加費:無料 / 日韓通訳付き

パネリスト・報告者
・江南フードバンク・フードマーケット美所(ミソ) チーム員 Jang Ji-Duk氏
・聖公会フードバンク 代表 Kim Han-Seung氏
・フードバンク関西 理事長 浅葉 めぐみ氏
・日本学術振興会 特別研究員 角崎 洋平
・佛教大学福祉教育開発センター 専任講師 佐藤 順子(コーディネーター)
・明治大学経営学部 准教授 小関 隆志

主催
・学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)「社会的排除に対する社会的連帯経済の役割に関する日韓比較研究」(研究代表者 柳澤敏勝)
・学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)「生活困窮者支援におけるフードバンク活動の役割」(研究代表者 佐藤順子)
・科学研究費補助金 特別研究員研究奨励費「貸付と給付のリンケージ構造の研究」(研究代表者 角崎洋平)

※おかげさまで盛況のうちにシンポジウムは終了しました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

■投稿論文

小関隆志「生活困窮者支援とフードバンク活動」『貧困研究』第17号(明石書店)2016年11月
貧困研究会のサイト) (明石書店のサイト
※2015年フランスでのフードバンク訪問調査をもとに、2015年12月の貧困研究会第8回研究大会で報告し、さらに推敲を重ねて論文を執筆しました。


■韓国フードバンク調査報告書の発行(2017年1月)

表紙・目次
はじめに/1.韓国フードバンク訪問調査(1〜68ページ)
2.日韓フードバンク・シンポジウム(前半)(69〜126ページ)
2.日韓フードバンク・シンポジウム(後半)(127〜136ページ)
3.韓国フードバンクの論文(137〜160ページ)
4.参加者のレポート(161〜170ページ)
報告書 編集・執筆・翻訳・協力者紹介/奥付(171〜174ページ)