古代学研究所紀要   
 


『古代学研究所紀要』第23号(2015)
 2015年11月発行


石川日出志
「はじめに」

【論文・翻訳】
沈 相六(日本語訳:松永悦枝/監修:中村大介)
「百済泗沘都城出土の文字遺物
      (『木簡과文字』第11號掲載/日本語訳))」

賀 雲翺
「中国出土3-6世紀文字資料概観(中文)」

湯淺幸代
「『源氏物語』蛍巻の物語論
         ―物語と史書との関わりを中心に―」

【翻刻】
湯淺幸代・関恭平・小滝真弓
「「明治大学日本古代学研究所」所蔵
          土肥経平『花鳥芳囀』解題・翻刻」

【公開研究会記録:「漢委奴國王」金印研究の現在
           (2012年12月15日開催)レジュメ】
石川日出志
「金印と弥生時代研究―問題提起にかえて―」

鈴木勉
「「漢委奴國王」金印誕生時空論」

高倉洋彰
「型式学と漢の印制からみた金印」

大塚紀宜
「金印の詳細観察と中国古代印章との比較
              ―特に駱駝印について―」


 

 

 

 

 




 
            


第24号(2015年度)
第23号(2015年度)
第22号(2013年度)
第21号(2013年度)
第20号(2013年度)
第19号(2013年度)
第18号(2012年度)
第17号(2012年度)
第16号(2011年度)
第15号(2010年度)
第14号(2009年度)
第13号(2009年度)
第12号(2009年度)
第11号(2009年度)
第10号(2008年度)
第9号(2008年度)
第8号(2008年度)
特集号:風土記の現在(2008年度)
第7号(2008年度)
第6号(2008年度)
第5号(2007年度)
第4号(2006年度)
第3号(2006年度)
第2号(2005年度)
第1号(2005年度)
 

 

トップページへ