古代学研究所紀要   
 

『古代学研究所紀要』第6号(2007)
2008年2月発行

報告・研究・データ
川口武彦「常陸国新治郡衙周辺寺院と生産遺跡出土文字瓦の様相-史跡新治廃寺跡・上野原瓦窯出土資料を中心に-」
高  雲基「韓国嶺東地域に於ける別神クッと城隍クッ-江陵端午祭の性格究明に対する一試論-」
大川原竜一編「埼玉県出土墨書・刻書土器集成(データ編)」
渡辺  滋「石川省斎による『令集解』版行とその歴史的意義」
永藤  靖「済州島の開闢神話-三姓穴神話とチャチョンビ説話の意味するもの-」

シンポジウム
「琉球弧の文学と祭祀」報告(その1)
木村淳也「『遺老説伝』における先行史料の引用態度-宮古島関連記事の引用とその意義-」
堂野前彰子「『遺老説伝』と交易-その発生について-」
保坂達雄「誕生と降雨-雨乞い謡における観念の古層-」
島尻麻里子「神歌の継承と創成-宮古島市上野字宮国の事例から-」
照屋  理「御嶽の神々の領分-竹富島をモデルに-」


第24号(2015年度)
第23号(2015年度)
第22号(2013年度)
第21号(2013年度)
第20号(2013年度)
第19号(2013年度)
第18号(2012年度)
第17号(2012年度)
第16号(2011年度)
第15号(2010年度)
第14号(2010年度)
第13号(2009年度)
第12号(2009年度)
第11号(2009年度)
第10号(2008年度)
第9号(2008年度)
第8号(2008年度)
特集号:風土記の現在(2008年度)
第7号(2008年度)
第6号(2007年度)
第5号(2007年度)
第4号(2006年度)
第3号(2006年度)
第2号(2005年度)
第1号(2005年度)
 

 

トップページへ