Cognitive Speech/Sound Processing (CSP) laboratory

Imformation
新着情報

  • 2020.02.03
    OH! HAPPY MORNINGのToday’s Focusに電話出演しました.
  • 2020.01.21
    有声音の発話からささやき声へ加工する方法を含む声のピッチ感の錯覚調査に関する論文が情報処理学会論文誌に採録されました.大学入試センターの内田照久教授との共同研究成果です.
  • 2020.01.21
    発話音声の好感度を改善するスペクトル制御法を提案したレター論文がIEICE英文誌に採録されました.
  • 2020.01.06
    発話音声の好感度計測のために音声データベースを構築したレター論文がAcoustical Science and Technology誌に掲載されました.
  • 2019.11.23
    合成音声の品質を評価する知覚モデルの研究が電子情報通信学会論文誌に採録されました.
  • 2019.11.21
    比較文明〈35〉特集 文明のなかに声をきくに寄稿した論文が掲載されました.
  • 2019.11.19
    APSIPA ASC 2019に参加し,2件の筆頭発表,2件の共著発表を行いました.
  • 2019.10.18
    令和元年度 第4回 情報ひろばサイエンスカフェ「人間の声×合成音声 ~人間以上の声とは?~」に講師として参加しました.
  • 2019.10.17
    研究室のWebをリニューアルしました.
twitter

Research
研究情報

人間がどのように音声を処理し何を手掛かりに複雑な情報を認識しているのか,未だ全容は解明されていません.本研究室では,音声情報処理を中心に認知心理学の考え方も取り入れて音声・音楽の研究を進めています.

Member
メンバー

PI(主宰者):森勢将雅

主に音声を対象に,人間が知覚している情報を計測・制御する技術開発の研究を「Cognitive Speech Processing」として研究しています.音声や音楽の分析・知覚・デザインが研究室で扱う主な研究テーマです.

Activity
活動報告

プロジェクト等

  • 科研費基盤研究(C) 19K12736 分担(2019-2021)
  • JST戦略的創造研究推進事業さきがけ 代表(2018-2021)

学会活動

  • 情報処理学会音楽情報科学研究会 音学シンポジウム 実行委員長 (2019/6)
  • 情報処理学会音楽情報科学研究会 幹事 (2019-2020年度)

Publication
業績

著書

  • 森勢将雅(日本音響学会編):音声分析合成,コロナ社,ISBN 978-4-339-01137-1, July 2018.
  • 人工知能学会編:人工知能学大事典,共立出版,ISBN 978-4-320-12420-2, July 2017.(「音声分析合成(pp. 775-777 )」担当)
  • 日本音響学会編:音響学入門ペディア,コロナ社,ISBN 978-4-339-00895-1, March 2017.(「ボコーダ(分析合成系)による音声合成の仕組みが知りたいです(pp. 132-135)」担当)
Page Top