未来の社会基盤を創り支える
明治大学総合数理学部
ネットワークデザイン学科

Meiji Univ. School of Interdisciplinary Mathematical Sciences, Dept. of Network Design


ニュース

ネットワークデザイン学科とは? - 学科紹介

2013年4月、明治大学総合数理学部ネットワークデザイン学科は、同じく新設された中野キャンパスに開設されました。

世の中のシステムの多くは「ネットワーク」として表現できます。コンピューターネットワークはもちろんですが、電力や交通などの社会インフラ、さらには生命システムまでも「ネットワーク」といえます。このような幅広い「ネットワーク」を理解し、設計、構築していくことができる人材は、社会から強く求められています。

ネットワークデザイン学科は、このような背景のもとで誕生したのです。

より詳しい情報は、「学科紹介」をご覧ください。

何を学べるのか? - 授業紹介

明治大学総合数理学部ネットワークデザイン学科は、大きく言うと「工学」を学ぶ学科です。 わかりやすい例を挙げると、一般的な理工系での電気電子工学や情報工学などに近い学科です。

数学・物理などの理系基礎科目から、コンピューター・ネットワーク・プログラミングなどの情報技術、 最近話題になっている人工知能やビッグデータ分析など社会で活用される数理科学「知能数理システム」などが学びの中心です。

さらには、大学の学びと社会との関わりや、専門分野の英語プレゼンテーションなどを学ぶ授業もあります。

より詳しい情報は、「授業紹介」をご覧ください。

ゼミナール教育

総合数理学部では、どの学科でも1年前期から少人数でのゼミナールが開講されます。

ネットワークデザイン学科では、教員一人あたり7名前後の学生が割り当てられたクラスにて、文章の読み書きやプレゼン・ディベートなどの大学での学びの基本や、実験やデータ分析、システムデザインなどのテーマでのミニ研究を行います。

その他にも、入学後すぐの合宿により、学生や教員との親睦を深め、今後の学びのモチベーションを高めます。

より詳しい情報は、「ゼミ・イベント」をご覧ください。

ネットワークデザイン学科の研究テーマ - 教員・研究紹介

ネットワークデザイン学科は、大きく分けて「情報系」と「電気系」の教員に分かれますが、互いに関係することで社会のネットワークシステムに関する研究を推進しています。

具体的には、ビッグデータ等の大規模データの高速処理、データ分析、人工知能、電力・エネルギーシステムへの応用、次世代情報通信ネットワーク、生体ネットワーク、ネットワークロボットなどのテーマの研究を行なっています。

より詳しい情報は、「教員・研究」をご覧ください。

卒業したらどうなるの? - 進路

明治大学総合数理学部ネットワークデザイン学科は、開設4年目です。まだ、卒業生はいませんが、電機系のメーカーや電力・通信などのインフラ系企業、IT産業などを就職先として想定しています。

第一期生(4年生)も、就職活動を行なっています。まだ内々定の段階なので、詳しい情報は載せられませんが、当初の想定に近い結果が得られているようです。

ネットワークデザイン学科では、入学後から授業を通して、将来のイメージを描くことができるように、学生自身が調べ、考える機会をつくっています。このような取り組みが就職活動にも活かされています。

これからも、未来のネットワークシステムを創り、支えることのできる人材を育て、社会に送り出していくことが学科の大きな目標です。

より詳しい情報は、「進路」をご覧ください。

入試情報

こちらよりどうぞ(明治大学 入試総合サイトへ)

キャンパス案内

中野キャンパス

明治大学中野キャンパス
〒164-8525
東京都中野区中野4-21-1
JR中央線快速・総武線、東京メトロ東西線 中野駅北口より徒歩約8分