研究内容



T.中林ゼミとは ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 中林ゼミでは、主に保険とリスクについて学んでいます。
 私たちは日々の生活において、交通事故、地震、火事、洪水や疫病の流行など、大小様々な危険(リスク)に直面します。その結果、もしかすると家が全壊し住めなくなったり、家族の大黒柱が就業不能になってしまうかもしれません。その時にもし、保険に入っていなかったら家族の生活はどうなるでしょう?今後の生活は大変なことになってしまうでしょう。生命保険や損害保険について学ぶことは、これからの自分のライフスタイルなどを考える上でもとても大切な勉強なのです。
 また、リスクに直面するのは個人だけではありません。企業も同じです。今日では、東日本大震災による建物損壊からくる企業の経営不振、SONYの個人情報流出等、巨額の損失を引き起こしうるリスクが数多く存在します。そんなリスクを知り対処法を勉強するのがこのゼミです。

U.保険とリスクだけじゃない中林ゼミ! ――――――――――――――――――――――――――――――――――

 中林ゼミでは、中林先生の在外研究先だったアメリカ・ニューヨーク在住の明治大学OB.OGの会である「ニューヨーク紫紺会」との交流が盛んです。前回のNY訪問では、OBとNYを巡ったり、食事会をしたり、会社見学に行ったり、さらにはワシントン・D.Cにも行ったりしました!もちろん現地で1人でNYの街に繰り出すこともできます!他にも日本で韓国の大学生との交流やブラジルとの交流もできるかもしれません。中林ゼミに入れば、保険やリスクを学ぶと共に日本にいながら国際交流もできるんです!!

V.ゼミの進め方 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

≪2年次≫
 前期はリスクマネジメントを実践するための基礎的知識を習得します。
 後期は基礎的知識の習得と平行して,具体的テーマを対象としたグループ研究に着手します。
 合宿は夏期休暇および春期休暇に実施する予定です。

≪3年次≫
 前期は具体的テーマを対象としたグループ研究を完成させます。
 後期は完成したグループ研究をもとに学内外で行なうプレゼンテーションの準備をします。
 合宿は夏期休暇および春期休暇に実施する予定です。

≪4年次≫
 前期は卒業論文の作成の指導を行います。
 後期は卒業論文を完成させ,最終的にゼミ内で卒論報告会を行います。
 合宿は夏期休暇に実施する予定です。 


W.年間行事 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

4月 プロゼミスタート
5月 RIS※1関東地区キックオフミーティング
7月 OB・OGから仕事の話を聞く会
8月 NY訪問(有志)
9月 ゼミ合宿
10月 RIS関東地区中間報告会
11月 東京学生保険ゼミナール(東学保)※2
12月 RIS全国大会
2月 OB・OG会
3月 就活体験報告会

※1 全国学生保険ゼミナール(RIS)。全国21大学の保険やリスク関係のゼミナールによる研究報告会。
※2 東京学生保険ゼミナール(東学保)。首都圏6つの大学から保険を研究している学生が集まるコンペティション。