研究業績

発表文献
研究室開設(2016年4月)以降の発表文献を,種別ごとに新しいものから掲載
それ以前の業績等はこちら(明治大学教員データベースへ)

国際会議
・光無線通信(Li-Fi)技術関係
1. J. Kishi and S. Ryu, "Study on angle diversity receiving system for visible light communications," ACP2018, paper S4D.6, Hangzhou, China, October 2018.
2. H. Ando and S. Ryu, "Simultaneous dual data stream transmission using RGB and phosphor-based white LEDs," ACP2018, paper M3D.6, Hangzhou, China, October 2018.
3. S. Ryu, "(Invited talk) Application of angle diversity technique to optical wireless communication systems for smartphones," Interphotonics 2018, Antalya, Turkey, October 2018.

4. S. Ryu, "Study on diversity receiving techniques in optical wireless communication systems," 2017 Conference on Lasers and Electro-Optics Pacific Rim (CLEO-PR), P4-008, 2017.

・コヒーレント光通信技術関係
1. S. Ryu, T. Tsuboya, H. Murata, and D. Fukushima, "Novel optical time domain reflectometry with continuous time-domain measurement of backscattered light," OECC/PSC 2019, paper WP4-C4, Fukuoka, Japan, July 2019.
2. S. Nozawa and S. Ryu, "Investigation of optical phase characteristics of Stokes and transmitted light in fiber Brillouin scattering," OFC2019, paper M4C.1, San Diego, CA, March 2019.

研究会発表
・光無線通信(Li-Fi)技術関係

1. 笠 史郎,”光無線通信における二次元信号対雑音比分布に関する検討,” 電子情報通信学会光通信システム研究会,OCS2017-63,2017年11月23日.

・コヒーレント光通信技術関係
1. 野澤 汐里,笠 史郎,"ファイバブリユアン散乱におけるストークス光・通過光の位相特性の検討," 電子情報通信学会光ファイバ応用技術研究会,OFT2019-28,2019年8月30日.

・SDN技術関係
1. 戸巻 潤也,笠 史郎,"光無線通信技術とSDN技術の連携による動的経路変更実験," 電子情報通信学会光通信システム研究会,OCS2019-25,2019年8月30日.

大会発表
・光無線通信(Li-Fi)技術関係
1. 安藤弘将,笠 史郎,”OFDM変調方式を用いた同時二系列データ通信システムの検討,” 電子情報通信学会総合大会, B-10-13, 2019年3月19日.
2. 岸 純也,笠 史郎,”光無線通信における角度ダイバーシティ方式に関する検討,” 電子情報通信学会総合大会, B-10-14, 2019年3月19日.
3. 岸 純也,笠 史郎,”光無線通信における角度ダイバーシティ受信方式に関する検討,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会,B-10-23,2018年9月11日.
4. 戸巻 潤也,篠田 峻平,笠 史郎,”LEDを受光素子として用いた光無線通信用光受信器,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会,B-10-24,2018年9月11日.
5. 安藤 弘将,笠 史郎,”三原色LEDを用いた同時二系列データ通信に関する検討,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会,B-10-25,2018年9月11日.
6. 篠田 峻平,安藤 弘将,笠 史郎,”光無線通信を用いたイーサネット伝送実験,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会,B-10-26,2018年9月11日.
7.笠 史郎,”光無線通信における二次元信号対雑音比分布に関する検討,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会,B-10-49,2017年9月13日.
8.安藤 弘将,笠 史郎,”光無線通信における送信器設計の最適化,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会,B-10-48,2017年9月13日.
9.笠 史郎,光無線通信におけるダイバーシティ受信方式に関する検討, 電子情報通信学会総合大会,B-10-60,2017年3月24日.


・コヒーレント光通信技術関係
1. 武井 菜々子,笠 史郎, "コヒーレントヘテロダイン検波を用いた後方散乱光の位相特性解析," 電子情報通信学会ソサイエティ大会,B-13-33,2019年9月13日.
2. 野澤 汐里,笠 史郎,"ブリユアン周波数シフトを用いた光ファイバの振動測定," B-13-34,電子情報通信学会ソサイエティ大会,2019年9月13日.
3. 野澤 汐里,笠 史郎,”ブリユアン散乱におけるストークス光の光位相特性の検討,” 電子情報通信学会総合大会, B-13-17, 2019年3月20日.

4. 坪谷 雄史,村田 博紀,福島 大介,笠 史郎,”光ファイバ後方散乱光の連続的測定方法における位相変動測定,” 電子情報通信学会総合大会, B-13-13, 2019年3月20日.
5. 村田 博紀,坪谷 雄史,福島 大介,笠 史郎,”光ファイバ後方散乱光の連続的測定方法における周波数掃引光生成,” 電子情報通信学会総合大会, B-13-14, 2019年3月20日.

6. 野澤 汐里,笠 史郎,”コヒーレントヘテロダイン検波技術を用いた光信号の位相雑音測定,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会,B-10-53,2018年9月13日.

・SDN技術関係
1. 戸巻 潤也,笠 史郎,"SDN技術と光無線通信技術の連携による動的通信経路変更," 電子情報通信学会ソサイエティ大会,B-12-4,2019年9月11日.
2. 戸巻 潤也,篠田 峻平,笠 史郎,”SDNと光無線信号の品質測定を連動させた動的経路変更,” 電子情報通信学会総合大会, B-12-11, 2019年3月20日.
3.
堀口 敦士,笠 史郎,”SDN技術とパケット統計を用いた動的経路変更,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会,B-6-30,2018年9月12日.















明治大学総合数理学部 笠研究室

〒164-8525
東京都中野区中野4-21-1
1207室(研究室), 1208室(実験室)