さわらびコールの沿革と活動内容

明治大学混声合唱団さわらびコール (以下、さわらびコールと略す) は、
1955年に民謡研究会として発足、1962年に「さわらびコール」と改称し、
第1回目の演奏会を行いました。最初は民謡研究会という出自もあって
世界の民謡などを歌っていたようですが、
次第にいわゆる「合唱曲」を歌う室内合唱団 に変じて現在に至っています。
その間、分裂騒動や団員の激減という危機もありましたが、それらを乗り越え、
昨年創立60周年を迎えました。

現在の団員数は約60名で、練習は週3回
(基本的に駿河台・和泉・生田の3校舎のいずれか)で行っています。
合唱団としての特徴としては、

1、中規模
2、初心者が多い

の2点が挙げられます。 明治大学には、さわらびコールの他に
「明治大学混声合唱団(通称:明混)」というのがありますが、
あちらが大人数で外国語の曲が多いことに対し、
さわらびコールは、日本語のいわゆる「合唱曲」中心の合唱団です
(専門用語的には「室内合唱団(独:カンマーコール)」という呼び方がある)。
昨年は約15名の新入生を迎え、
経験者が初心者を引っ張っていくかたちで、
初心者でも歌うことに慣れていく練習形式がとられています。
また、サークルとしては、

1、個性の豊かな人が多い。
2、明治にしては酒飲みが少ない(近年。昔は多かったらしい)
3、駿河台・和泉・生田の3校舎にまたがっている

というのがあります。特に1については、以前、ピアニストの譜めくりとして来た
明治大学交響楽団の人が団員を評していわく、「交響の人達が酔ったときに似てる」
というのですから(もちろん全員シラフだった)、相当なもののようです。
そのくせ飲まない団員が多く、 一部のOBを嘆かせています。
3については、いわゆる純粋音楽系のサークルでは珍しくも何ともないことのようです。

その他:提携先 二松学舎大学合唱団コール・エコーズ


さわらびって何?

「さわらび」とは春の早い時期に出る蕨のことで、漢字では「早蕨」と書きます。
日本の 民謡や和歌に多く詠まれ、きわめて日本に根差した名前といえます。
ただ、明治大学内でも「さわらび」という名前はそれなりに認知度が高いらしいのですが、
ドイツ語 で「合唱団」を意味する「コール」を省略して覚えている人が多いため、
何をやっている サークルなのか、いまいちよく分かってもらえないことが少々悩みの種です。