ゼミ生の論文一覧

卒業論文タイトル


1期

 ・ Win-Win 交渉についての研究

・日本、韓国、北朝鮮の文化の違いとビジネス交渉


2期

・異文化経営におけるコミュニケーションの在り方 ―カルロス・ゴーンに学ぶ―

・グローバルマーケティング手法と心理学の関係性における考察 −消費者の心を掴むマーケティングとは−

・日本企業の国際化 現地での経営方式

・白洲次郎に学ぶ交渉におけるビジネススキル

・国際ビジネス交渉への応用 −宮本武蔵の『五輪書』に学ぶ−

3期
・グローバル化における日本企業の戦略的課題―外国人社員との協働の促進―
・FTA締結後の日系物流企業の国際戦略
・日本企業における対中ビジネス交渉での問題点と対策
・日本企業における人材の現地化の必要性と戦略提案
・韓・日FTA締結の展望に関する考察
・女性のエンパワーメントによるジェンダー平等の提案


4期

・国際ビジネス交渉-日本とアメリカの価値観の比較-

・日米の国際ビジネス交渉比較と手法に関する考察と提案

・国際ビジネス交渉と日本の学校教育についての一考察

・日本人のこれからの中国人とのかかわり方

・企業が果たすべき「社会的責任」とは-非正規雇用の観点から-

・中小企業問題と中小企業政策の関係に関する一考察

・日本農業の政策目標としての食料自給率の有効性

・ドコモ・ソフトバンクの今後のグローバル戦略

・日本半導体産業の国際競争力弱体化とコスト問題

5期
・日本企業と中国企業のビジネス交渉−win‐win交渉の4原則から見る文化的一考察−
・インドでインド人とビジネスをするには−インド人のビジネスカルチャーから考察する−
・IT技術の進歩による交渉への影響−ハーバード流交渉術において−
・コミュニケーション活動における聞き手の役割−「聞き手力」の提案−
・日本の中小企業におけるCSR活動の一考察
・中小企業における組織文化と人材育成効果に関する一考察
・インターネットによる英語学習についての考察
・明治大学における職業教育に関する一考察
・明治大学の留学生受け入れ制度−その問題点と課題について−
・インドネシアの教育格差問題是正に向けて−今後の経済成長を支える要因としての一考察−


6期
・若者の消費行動・意識の低下は本当か 〜消費行動に見るこだわりの変化の観点から〜
・ネット語使用による若者ことばへの影響 −インターネット普及前後で考える若者ことば-
・若者の飲みュ二ケーションの意識変化 〜ネット社会における新しい人間関係の影響の観点から〜
SPAブランドの事業戦略についての一考察
・日本人上司と中国人部下間で生じる問題 −ホフステードの文化次元を用いての一考察−
・グローバル人材育成における「PBL」の有効性
・フェアトレードと企業の社会的責任についての一考察
・日米の仕事の性質の違いを文化的背景から探る
・中心市街地活性化について 〜石岡市の中心市街地活性化に関する考察〜

7期

・コミュニケーションとは何か-メディア等の報道『若者のコミュニケーション能力の低下』問題から-

8期
・異文化間ビジネスを円滑にするユーモア
・「日本のおもてなし」で観光立国は可能か
・日系食品企業のイスラム市場進出に関する一考察 ーハラル制度という観点からー
・中国で勝負する日本が品質以外に重視すべきこととは
 ー中国においてのCSR活動によるブランド・イメージの向上ー
・発展途上国をフェアトレードコーヒーで救う日本のコーヒー店での拡大
・日本企業とBOPビジネスの将来
・サムスン電子の地域密着型戦略と今後の展望
・日系家電企業の失敗から何を学ぶか
・外国人留学生が日本で就職するには?
・ラグジュアリーファッションブランドにおける共同ブランド戦略
・日系食品企業の海外進出モデル
・日本企業の海外進出戦略に関する一考察 ー後発製造業のアジア進出への課題ー

9期
・日本人にとっての幸福とは〜非経済的要因を考察する〜
・地域活性化の為の観光まちづくりにおける地域ブランド化への提言


商学部奨学論文
タイトル


・異文化コンフリクトの発生と解決

2期

・異文化経営と異文化コミュニケーション

・国際ビジネスと異文化コミュニケーション


3期

・女性労働参加の向上

・日本ビジネス交渉からみた日本の改善点

4期
Cause Related Marketingとtwitter
・日米のコーチングへの認識の違いから日本独自のコーチングの必要性を検証する
・ジェンダー平等政策の観点から見た日本におけるダイバーシティマネジメントに関する研究

5期
・日本のマス・メディアにおける国際コミュニケーションの必要性に関する考察―東日本大震災を通して―
・日本企業におけるコーチング・スタイルの提案
・ファシリテーターの資質に関する一考察
・日本人とユーモアに関する考察―日本人にユーモアがないのか―

6期
・ワーク・ライフ・バランス(WLB) ―日本のWLBは欧米化が最適か― 文化的要素を踏まえた考察
・緊急時、災害時におけるマスメディアの報道の一考察ならびにソーシャルメディアの可能性
・南アフリカ共和国におけるエイズ問題解決の一考察 ―ウガンダと比較して―
・クラウドの日本における発展

7期
・ソーシャルコミュニケーターとしての企業キャラクターの活用の有効性
・口コミと広告が消費行動に与える影響力―これからの口コミと広告の関係性とは―
・JR東日本とSuica〜Suica事業による収益を上げるために〜
・日本のアパレル産業における世界に向けたファッショントレンド発信の可能性に関する一考察


8期

・日本マクドナルド社の復活
・すき家の復活のために
・今後のビール業界を復活させるために

9期

・日本におけるドイツ式労働生産性向上戦略導入の可能性と必要性
・小学校英語教育の意義
・中国市場で日本化粧品会社が採るべきマーケティング戦略-プロモーションに焦点をあてて-

10期 
・男女共同参画社会を目指して ースウェーデンに学ぶー
・若者の顕在化する承認欲求から見るユニクロの新しい広告戦略
・日本における少子化対策 ーこれから進むべき道ー
 
戻る