English



研究所について

 サービス・マーケティングの研究は,マーケティングの研究領域の中でも副次的研究領域として位置づけられてきました。しかしながら, 1980年代以降のサービス・マーケティングの研究成果(知覚品質と顧客満足,サービス・エンカウンター,インターナル・マーケティング,リレーションシップ・マーケティング等)は,無形財としての領域だけでなく,有形財をも含んだ領域に適用され,発展しつつあります。その代表的な研究潮流は,ノルディック学派のサービス・マネジメントであり,またハワイ大学のStephen L. Vargo教授とアリゾナ大学のRobert F. Lusch教授が提唱したサービス・ドミナント・(S-D)ロジックです。それらに共通する概念は,価値共創(value co-creation)です。
 明治大学サービス・マーケティング研究所は,企業が顧客との間で文脈価値(value-in-context)を共創するためのマーケティング活動の重要性を実証的に解明することを目的としてとして2011年6月に設置されました。

≪研究メンバー≫

氏名

所属

井上 崇通(所長)

明治大学商学部 教授

村松 潤一

広島大学大学院社会科学研究科 教授

菊池 一夫

明治大学商学部 教授

石川 和男

専修大学商学部 教授

庄司 真人

高千穂大学商学部 教授

田口 尚史

茨城キリスト教大学経営学部 准教授

河内俊樹

松山大学経営学部 准教授

戸谷圭子

明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科 教授

水野誠

明治大学商学部 教授

町田 一兵

明治大学商学部 専任講師

余 漢燮

明治大学 助教


研究成果

1. 井上崇通・村松潤一編(2010)『サービス・ドミナント・ロジック−マーケティング研究への新たな視座−』,同文舘出版

『サービス・ドミナント・ロジック−マーケティング研究への新たな視座−』


2. 明治大学経営品質科学研究所編(2011)『経営品質科学の研究―企業活動のクォリティを科学する−』,中央経済社

『経営品質科学の研究―企業活動のクォリティを科学する−』


イベント

1.「Tokyo Service-Dominant Logic Forum 2015: S-Dロジックの進化と可能性」を開催しました。

日程:2015年3月7日(土) 13:00〜17:00
会場:明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー 1001教室(地下1階)

開催告知パンフレットは,こちらをご覧ください。

当日は,90名以上が参加され,活発な議論が行われました。ハワイ大学のStephen L. Vargo教授からは,「Foundations and Extensions of Service-Dominant Logic」というタイトルで講演いただきました。その中でも,(1)資源統合とサービス交換が行われる「サービス・エコシステム」,(2)エコシステム内でアクターの行動を統治する「制度(institution)」,(3)技術要素と市場要素を橋渡しする「イノベーション/戦略」が,現在のS-Dロジックの研究フロンティアであると紹介されました。

アリゾナ大学のRobert F. Lusch教授からは,「The Service Ecosystem Perspective: An Action Agenda」というタイトルで講演いただきました。 Lusch教授は,古生代カンブリア紀のカンブリア大爆発に例えて,現代のような情報社会をデジタル・カンブリア大爆発と捉え,そのような時代では,世界を予測するのが困難となるため,人間は,仮説思考,ミームとヒューリスティクス,協働と相互主義,分裂的になる必要があると主張しています。そこで,今後は,(1)適応的プラクティス,(2)エコシステム内の制度の理解, (3)プラットフォームとしての組織への変換に研究焦点を当てる必要性を強調していました。

明治大学の井上崇通教授からは,「S-Dロジックの進化と可能性」というタイトルで講演しました。井上教授は,我が国におけるS-Dロジックへの関心の高まりについて紹介した後で,(1)プロセスとしてのマーケティング,(2)文脈価値,(3)サービス・システムといったサービス・ドミナント・ロジックで重要となるポイントについて紹介いただきました。そして最後に,新たな消費者行動研究の視点の必要性を強調していました。

 
 ハワイ大学のStephen L. Vargo教授による講演 アリゾナ大学のRobert F. Lusch教授による講演 
   
 明治大学商学部の井上崇通教授による講演 高千穂大学商学部の庄司真人教授による司会 



2.「Forum on International Markets and Institutional Logic」を開催いたします。

日程:2012年9月17日(月)-19日(水)
会場:明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン

9月17日(月)
18:00-20:00 Welcome Reception, Cafe Panse (Meiji University, Academy Common), Sponsored by School of Commerce, Meiji University

9月18日(火)
8:40 Registration, Meiji University Academy Common Victory Floor (2nd floor)
9:00-9:10 Welcome Speech
9:10-9:50 Keynote Speech1
Stephen L. Vargo(University of Hawaii at Manoa), Melissa Archpru Akaka(University of Denver)
A Service Ecosystems Approach for International Marketing
9:50-10:30 Keynote Speech2
Robert F. Lusch (University of Arizona)
Thinking Out Loud: Institutions 1.0
10:40-11:20 Keynote Speech3
Junichi Muramatsu (Hiroshima University)
C-D Logic and the Philosophy of "B": Logical Basis of Non-Separation of the Self and the Other
11:20-12:00 Keynote Speech4
Takamichi Inoue(Meiji University)
The Impact of research on Service-Dominant Logic
12:00-13:00 Lunch


Session A (Room 2) Session B (Room 3)
Chair: Ippei Machida (Meiji University) Chair: Takashi Taguchi (Ibaraki Chiristian University)
13:00-13:30 Kazuo Kikuchi (Meiji University) and Tatsunosuke Kubota (JTB Business World Tokyo Corp)
Co-Creation of Value and Changing Value-in-Context: Central Attention to the Case of Handgel of JTB Business World Tokyo Corp.
Rajeev Verma (Indian Institute of Management Indore)
A Study of Service Delivery Innovation using Service Dominant Logic Approach: A Cross Market Comparative Analysis between India and Mexico
13:30-14:00 Denton D. Anthony (St. Francis Xavier University)
Idiosyncratic Consumers as Social Operant Resources: A Loyalty Program Perspective
Atsushi Kanazawa (Meiji University)
Co-Creation of Value in Japanese Care industry
14:00-14:30   Angeline G. A. Nariswari (University of Hawaii, at Manoa) and Stephen L. Vargo(University of Hawaii, at Manoa)
Translation of Market Practices: Reconceptualizing the Role of International Marketing in Value Co-creation
14:30-14:40 Coffee Break
14:40-15:10 Kazuma Imamura (Hiroshima University)
Manufacturer’s Dilemma at the Product Usage Stage
Heiko Wieland (University of Hawaii, at Manoa) and Melissa Archpru Akaka (University of Denver)
Innovation Co-Creation in Service Ecosystems
15:10-15:40 Akira Ohyabu (Okayama University of Science)
One Approach to Value Co-Creation Marketing: A Retail Case Study
Zhihua Zhang (Meiji University)
The Impact of User Experience on Product Evaluation
18:00 Dinner, Tokyo Garden Palace Hotel, Tenku-no-Ma (2nd floor)

9月19日(水)
Session C (Room 2) Session D (Room 3)
Chair: Kazuo kikuchi (Meiji University) Chairs: Masato Shoji (Takachiho University), Susumu Maeda (Japan Small and Medium Enterprise Management Consultants Association)
9:30-10:00 Masato Shoji (Takachiho University)
An investigation of A to A framework in a Japanese Mail-Order company
 
10:00-10:30 Kosaku Morioka (Tokyo Keizai University) and Ikuo Takahashi (Keio University)
Value-in-Exchange, Experiential Value, and Value Co-Creation: An Empirical Analysis of Japanese Mobile Phones Markets
Noriaki Saito (Meiji University)
Resource Advantage Theory and Service-Dominant Logic
10:30-11:00 Takashi Taguchi (Ibaraki Chiristian University)
Co-creating Value Propositions in the Japanese Content Industry: Involving Key Actors in the Platform for Co-creating Value Propositions

Taku Kato (Kyorin University)
Store Development Strategy of the Mini-box Type Service Retailer based on Value Co-creation (presented in Japanese)

11:00-11:30 Yoshiro Fujioka (Hiroshima University)
Implementation of Value Co-Creation Strategy and Operational Strength in the “Ba”: An Application in Traditional Japanese Culture
Kazuo Ishikawa (Senshu University)
Service Dominant Logic and Past Marketing Thought: Focusing on Changes of the Daily Life Philosophy of marketers (presented in Japanese)
11:30-12:00 Closing Remarks

 


3.公開フォーラム「サービス・ドミナント・ロジックとマーケティング」

 平成24年9月19日(水)13:00より「サービス・ドミナント・ロジックとマーケティング」と題した公開フォーラムを行ないます。参加費無料(ただし,事前登録制)ですので,多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

 

『サービス・ドミナント・ロジックとマーケティング』
文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B) 「わが国企業の文脈価値形成プロセスの解明:サービス・ドミナント・ロジックによる分析」
中間報告・公開フォーラム
 
日時 : 平成24年9月19日(水) 13:00〜16:00
会場 : 東京都千代田区神田駿河台1-1 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン2階 ヴィクトリーホール
   
 
主催 : 明治大学サービスマーケティング研究所
 
後援 : 明治大学商学部・明治大学国際連携本部
   
 
司会 : 庄司 真人 氏(高千穂大学商学部教授)
≪プログラム≫
13:00 挨拶 横井 勝彦 氏(明治大学商学部長)
   
13:20 講演 『Service-Dominant Logic: Foundational Premises and Perspectives』
  Robert F. Lusch 氏 (James and Pamela Muzzy Chair in Entrepreneurship, University of Arizona)
  Stephen L. Vargo 氏 (Shidler Distinguished Professor, University of Hawaii at Manoa)
  Matthew O'brien 氏(Bradly University)
   
14:00 講演 『サービス・ドミナント・ロジックとイノベーション』
  近藤 隆雄 氏 (明治大学専門職大学院教授)
   
14:40 講演 『情報共有と価値創造』
  上原 征彦 氏 (明治大学専門職大学院教授)
   
15:20 報告 『サービス・ドミナント・ロジック研究の可能性』
  井上 崇通 氏(明治大学商学部教授・明治大学サービスマーケティング研究所所長)
   
パンフレット(PDF形式)はこちらからダウンロードできます。

 

参加費:無料(ただし,事前登録制)。参加を希望される方は,@氏名,A所属機関,B連絡先をこちらまでお送り下さい。


関連リンク

研究機関 明治大学
広島大学
専修大学
高千穂大学
茨城キリスト教大学
松山大学
学会 日本商業学会
日本消費経済学会
日本経営診断学会
その他 サービス・ドミナント・ロジック(Vargo and Lusch)


Copyright (C) 2011-2015. 明治大学サービス・マーケティング研究所. All rights reserved.