まずはじめに、勤務先の仕事内容について教えてください。

 MRという仕事をしています。MRとは、医薬品の営業のことなんですが、現在の業務内容は主に二つですね。 一つは、病院を1日平均7~8件回って、自社製品をPRしてお客様に買っていただくこと。 もう一つは、自社製品の勉強会でのプレゼンです。先生や看護師、薬剤師の方々に対して自社製品をよりよく知っていただくために、皆さんの前で自社製品のプレゼンをしています。

 歌代ゼミを選んだ理由について教えてください。

 経営戦略という分野が興味深かったし、先輩の様子を見て、ゼミの雰囲気が良いと感じたので、歌代ゼミを希望しました。

 学生生活全般を振り返って、ご自身はどういう生活を送っていたと思いましたか。

 そうですね、とにかく楽しく過ごしていたと思います。社会人になってからはきっちりと働こうと決めていたので、大学生活は遊べる最後の時間だという意識は強かったです。 私は、サークルには入ってなかったんですけど、その分バイトはいろいろやって遊びも精一杯やっていましたね。

 歌代ゼミで得たことについて何かあればお話し下さい。

 今の仕事では営業や勉強会でプレゼンをする機会は多いんですけど、人前で話すことは苦じゃなくなりましたね。もちろん、会社での研修や場数を踏んだということはありますが、それでもそうしたものの基礎になる部分は歌代ゼミで培われていたと思います。

 なるほど。そういった点では歌代ゼミでの経験が仕事に直結している訳ですね。

 そうですね。あとは『他責』、つまり人に任せ過ぎてしまう性格を直さないといけないと思ったのも、ゼミでの経験がきっかけでしたね。 歌代ゼミはゼミプレやその他の活動でもチームを組んで何かをするということが多いのですが、そうした活動を通して色々と失敗したり成功したりしていく中で、『他責にしてはいけない』ということに気付けたことは大きかったですね。

 歌代先生は、どういった方でしたか。

 難しいですね。歌代先生ってそこまで強いカラーがないんですよね。
 歌代ゼミは期ごとのメンバーによってカラーが全然違うんですが、もしも先生のカラーが強かったら、歴代のカラーってずっと同じはずですよね。 でもそうなっていないということを考えると、歌代先生はカラーがないというより、むしろ個性を引き出してくれる方だと言った方が正しいかもしれませんね。