まず、勤務先の仕事内容について教えてください。

 私の勤務先は公的機関で、金融機関が中小企業に融資する際の保証を行う仕事を行っています。
 つまり、私達の会社が保証人になるということで、公的機関として、日本企業の大部分を占める中小企業を金融の側面からサポートしています。

 縁の下の力持ちといった仕事ですね。一年目はどういったお仕事をされていたんですか。

 どちらかというとじっくり研修というよりも、すぐに実践っていう感じでした。苦手な決算書と毎日向き合っていました(笑)。 今までは既存のお客様との継続的な取引が中心でしたが、今後は新規のお客様との業務にも携わっていく予定です。

 歌代ゼミを選んだ理由について教えてください。

 ガイダンスで、歌代ゼミはプレゼンにも力を入れている、という説明を聞いたからです。
 私は人前で話すのがすごく苦手だったのですが、社会に出る前に直したいと思っていたので、こういうゼミに入って多少強制的にできる環境でやったらなんとかできるようになるかと思って決めました。

 学生生活全般を振り返ってどういう生活でしたか。

 凄く楽しかったですね、大学時代!私は高校までずっと部活をやっていて、自由な時間がなかったから、大学に入って自分の時間ができたのが嬉しくて、色んな経験をしたいと思って留学もしたし、バイトも色々と経験しました。
 ただ、ゼミを選ぶ位のタイミングで、それまでの部活に縛られていた状態から、自分のやりたいことを全部やれる状況になって遊びほうけている自分に、急に違和感を覚え出したんです。 だからゼミ選びも実際に入った後の活動も真剣にやりました。

 歌代ゼミで得たことはありますか。

 上手か下手かは別として、人前で話すことが全然苦じゃなくなりました。プレゼンや研修といった人前に出る場でも臆せず話せるようになった実感はあります。 だからそうしたことの準備にかける時間も随分短くできるようになりました。人前に立つことが苦ではなくなったからその分、余裕ができたのだと思います。

 ゼミでの印象に残っている思い出についてお話して下さい。

 ゼミプレですね。私達の代(5期)はゼミが始まって以来、初めて4チーム中3チームがブロックで優勝しました。
 大学に入って、あんなに一生懸命話し合って資料を考え、プレゼンの練習をするなんて、思っていませんでした。 みんな、「いいものを作りたい」という思いが強く真剣そのものだったので、意見が食い違うこともありましたが、それでも私のいたチームは楽しく進めることができました。その上良い結果まで残せたのでなおさら嬉しかったですね。