【次回】 第13回公演

Midsummer Nightmare


『夏の夜の夢』と『二人の貴公子』の連続上演です。

詳しくは特設サイトへ!


【前回】 第12回公演

薔薇戦争


歴史劇『ヘンリー六世』と『リチャード三世』の連続上演を行いました。

無事終演いたしました!


明治大学シェイクスピアプロジェクトとは

明治大学シェイクスピアプロジェクトは今年13年目を迎える、明治大学主催のシェイクスピア劇上演プロジェクトです。
翻訳、上演、企画運営のすべてを学生が主体となって行い、毎年4000名を超えるお客様に来ていただいています。
昨年度は『薔薇戦争』と題し、「ヘンリー六世」と「リチャード三世」を連続上演いたしました。


明治大学シェイクスピアプロジェクトの歩み
2004年、「明治大学卒業というからにはシェイクスピアをよく知っていると言える学生を作りたい」という構想から大学側で「シェイクスピアの現代的魅力」という全学部学生対象の総合講座を設置しました。その受講生を中心として、毎年1本ずつシェイクスピア劇を上演しています。
第6回公演「ハムレット」より学生翻訳チームコラプターズが発足。シェイクスピアが新しい言葉を次々に生み出していたのは、新しい日本語を作り出す今の若い学生の言語感覚に近かったのではという発想から生まれました。
また、経験豊富なプロの方々からもご指導いただき、新しい21世紀の「シェイクスピア」探究を目指しています。