未来の社会基盤を創り支える
明治大学総合数理学部
ネットワークデザイン学科

Meiji Univ. School of Interdisciplinary Mathematical Sciences, Dept. of Network Design


想定する卒業後の進路

2013年に開設された明治大学総合数理学部には卒業生はまだいませんが、第一期生が今年4年生となり、就職や大学院進学など、それぞれの進路を選び始めています。

ネットワークデザイン学科の第一期生の卒業見込み4年生92名の進路希望の内訳は図のとおりです(2016年8月時点で学科で独自に調査したものであり、大学の公式データではありません)。就職希望者のうちおよそ95%の学生が既に企業からの内々定を頂いています。また、大学院進学率は明治大学理工学部と同程度となる見込みです。

なお、この内訳はあくまでも8月時点での希望であり、最終的には変わる可能性もあることをご了承ください。

2016年度の進路希望内訳

2016年度の進路希望内訳(卒業見込み4年生92名)

就職

学科設立時には、主に以下のような電気・情報系の業界や職種を就職先として想定していました。まだ正式に入社したわけではないので具体的な内々定先企業名は載せられませんが、第一期生の就職活動では、想定に近い結果が得られているようです。

ネットワークデザイン学科のカリキュラムでは、これらの業界を知るための授業(フィールドスタディ)も設置されています。その効果もあるのかもしれませんが、一番は第一期生がそれぞれ大学入学後のそれぞれに努力した成果が現れたものだと思います。

なお、このホームページに記載させていただいた企業名は、あくまでも学科の卒業生が目指す就職先のイメージであり、必ずしも第一期生の内々定先を示すものではないことをご理解ください。

メーカーでの設計・開発エンジニア

例えば・・・
東芝、日立製作所、キヤノン、富士通、日産自動車、など

IT系企業でのシステム開発・情報分析

例えば・・・
NTTデータ、Yahoo、IBM、GREE、みずほ情報総研、など

インフラ系企業でのシステム企画・管理

例えば・・・
NTTドコモ、KDDI、JR東日本、東急電鉄、東京電力、など

大学院進学

このような電気・情報系企業は、学部卒よりも大学院博士前期課程(2年間)を修了した理系学生を積極的に採用します。

グローバルに活躍できる人材として、大学院生の国内外での研究活動を通して得られる
が高く評価されるからです。

総合数理学部の第一期生の卒業に合わせて、2017年にネットワークデザイン学科に接続する大学院(明治大学大学院先端数理科学研究科ネットワークデザイン専攻)の新設を計画していましたが、2016年6月30日付けで文部科学省への設置届出が正式に受理されたため、2017年4月からの開設が確定しています。

第一期生(4年生)の中にも、卒業研究の内容を更に深めていくために、新設される大学院への進学を希望している学生が多数います。既に第Ⅰ期入学試験も行われ、およそ30名の4年生の内部進学が決まっています。大学院進学予定者による電気学会などの学会での研究発表等も行われています。今後のさらなる研究の発展が期待されます。

↑ページトップに戻る