お知らせ

最終課題レポートの提出について

レポート課題
 授業で学んだことを踏まえて、日本の労働社会における問題点をあげて、その解決策を論じなさい。字数は3000字以上とすること。

・提出方法
 表紙(学部、学年、組、番号、氏名を明記のこと)をつけること。
 フォーマットはWordまたはテキスト、PDFとすること。
 Oh-o! Meijiシステム内の柳沢敏勝(商学部)担当「学部間共通総合講座(講座名:労働講座企画委員会寄附講座「未来の自分をつかめ~OB・OGの働き方をとおして考える」)」(火曜日2限)のレポートとして提出すること。

・提出期間:7月22日(水)〜7月24日(金)午後1時(厳守)

労働講座のFacebookページ

労働講座のFacebookページを開設しました。講座関連情報を掲載する予定です。
LinkIconここをクリック

配布資料

授業で使用したレジュメ、資料などはこのサイトからダウンロードできます。「配布資料」のところをクリックして下さい。「このリンクは無効」などと表示されて、うまくダウンロードできない場合は、表示アドレスを再度読み込んでみて下さい。

過年度の労働講座の実践報告

PDFファイルをダウンロードできます。


青野恵美子「大学における労働教育:明治大学2012年度労働講座の実践から」『労働法律旬報』1777号(2012年10月10日発行)
青野恵美子「大学における労働教育:労働講座の実践から学ぶこと」『労働法律旬報』1740号(2011年3月25日発行)

2015年度春学期 労働講座企画委員会寄付講座
「未来の自分をつかめ~OB・OGの働き方をとおして考える」シラバス


4月14日 ガイダンス、ビデオ『OB・OGインタビュー』の上映

柳沢敏勝(商学部教授)


ガイダンスでは、講座全体の概要を紹介し、講義の進め方と履修上の注意点、成績評価について説明する。次に、ビデオ『OB・OGインタビュー』を上映する。OB・OGたちは今、どのような思いを抱きながら働いるのだろうか。本講義のために事前にインタビューをして、映像に記録した。ビデオには、20〜30代の複数の先輩たちが登場する。



配布資料:
LinkIconガイダンス資料
LinkIconOB・OGインタビュー登場人物

4月21日 OB・OGの働き方 ビデオ『OB・OGインタビュー』を解説する

青野恵美子(明治大学労働教育メディア研究センター客員研究員)
ゲスト:小酒部さやか􏰀(マタニティハラスメント対策ネットワーク代表)
    天野理(特定非営利活動法人・東京労働安全衛生センター事務局員)

ビデオに登場した複数のOB・OGのインタビューのなかから、特徴的な働き方に焦点をあて、職場の問題(長時間労働、マタハラ、解雇・賃金未払いなど)について考えてみたい。男女・業界・企業規模による働き方の特徴を浮き彫りにする。本講義の最後には6月の講義で使用する「アルバイト・アンケート」に記入し提出する。


配付資料(一部)
LinkIcon労働用語の解説
LinkIcon小酒部パワーポイント

4月28日 職場のリアル(1)労働相談の現場から

今野衛(連合ユニオン東京書記長)



労働組合の「連合ユニオン東京」は、職場で問題を抱える人たちからの労働相談にのっている。人々はどのような問題に直面しているのか。相談スタッフが、近年の相談者と相談内容の特徴や、具体的な事例をとおして解決方法について言及する。


当日の講義映像(YouTube)


配付資料
LinkIconパワーポイント(公開のため一部ページを削除しています)

リンク
LinkIcon連合東京ウェブサイト


上映したビデオのひとつ(YouTube)
連合『働くことを軸とする安心社会 やくみつる編 30秒 CM』


5月12日 職場のリアル(2)長時間労働と過労死

川人 博(弁護士・過労死弁護団)


働く現場で蔓延する長時間労働は、身体や精神にさまざまな疾患を引き起こし、過労死すら生み出している。「過労死110番」では、過労死に対する労働災害の認定申請や、企業への賠償請求、さらに過労死防止基本法制定活動などに取り組んできた。今後の政策や職場での取り組みについて、実例をとおして問題提起をしたい。



配付資料
LinkIconレジュメ(公開のため資料ページを削除しています)


参考図書

川人博『過労自殺 第二版』岩波新書(2014年)

川人博『過労自殺と企業の責任』旬報社(2006年)

川人博・平本紋子『過労死・過労自殺労災認定マニュアル~Q&Aでわかる補償と予防』旬報社(2012年)。

宮里邦雄・川人博・井上幸夫著『就活前に読む〜会社の現実とワークルール』(旬報社・2011年)



リンク

LinkIcon川人博法律事務所ウェブサイト

5月19日 職場のリアル(3)労働組合の役割

川野英樹産業別労働組合JAM副書記長


職場における長時間労働やさまざまな問題の解決にむけて、企業別・産業別に組織された労働組合の取り組みについて紹介する。機械・金属産業を中心に大企業や中小企業で働く労働者35万人が結集する産業別労働組合「JAM」と、日本の労働組合の全体像について言及する。



当日の講義映像(YouTube)


配付資料
LinkIconパワーポイント

リンク
LinkIcon産業別労働組合JAM

5月26日 職場のリアル(4)不安定就労と格差 

瀬山 紀子(埼玉県男女共同参画推進センター・事業コーディネータ)



専門職や一般職の仕事が流動化し、不安定就労の人たちが急増している。特に女性がその多くを占める専門職においてはそれが顕著だ。また、現在では男性にも不安定就労層が広がってきている。こうした人たちの労働条件は悪く、格差や貧困は深刻化している。こうした問題の背景とその解決策を考えたい。


配付資料
LinkIconパワーポイント


参考論文:

瀬山紀子「公立女性関連施設における公務非正規問題を考える」『労働法律旬報』1783-84号(2013年1月25日発行)


6月2日 中間まとめ(1)職場の実態と政府の労働政策・企業の労務管理

高須 裕彦(一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター)


これまでの講義で学んできた職場の実態についてふりかえる。長時間労働の蔓延や非正規労働者の急増と、政府の労働政策や企業の労務管理との関連について言及する。


当日の講義映像(YouTube)



配付資料
LinkIconパワーポイント

リンク
LinkIcon一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター

6月9日 中間まとめ(2)グループ討議と発表

高須 裕彦(一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター)


前半の授業で学んだことをふりかえり、卒業後の自分たちの働き方について考える。学生は小グループに分かれて課題について議論・発表し、全体で議論する。


課題:過労死しかねない長時間労働の蔓延やサービス残業をなくし、労働時間を短縮する方法を個人、企業、産業、日本全体の4つレベルで検討し、まとめること。

6月16日 労働者の権利(1)労働法Q&A

高須裕彦(一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター)
ゲスト:森崎 巌(全労働省労働組合執行委員長元労働基準監督官)


学生アルバイトは法律上の労働者であり、労働基準法をはじめとする労働法が適用される。しかし、職場では、賃金未払いやサービス残業、セクハラ・パワハラ、火傷・事故、勝手なシフト変更、休憩が取れない、などの問題が起きている。第2回の講義で実施した学生への「アルバイト・アンケート」をもとに、職場で多発する問題とその解決方法について、元労働基準監督官がQ&A形式で応える。



配付資料
LinkIconパワーポイント
LinkIconポケット労働法2014

6月23日 労働者の権利(2)相談機関の紹介

高須 裕彦(一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター)
ゲスト:飯田 勝泰(NPO法人 東京労働安全衛生センター事務局長)


前回に引き続き、職場で多発する問題とその解決の方法、特に職場のハラスメントの問題について、相談活動をしている労働NPOのスタッフがQ&A形式で応える。さらに労働相談機関の活用方法についても紹介する。



配付資料
LinkIconパワーポイント1
LinkIconパワーポイント2
LinkIcon質問への回答
LinkIconポケット労働法2014

6月30日 日本の労働社会の成り立ち

濱口 桂一郎(独立行政法人労働政策研究・研修機構 労使関係・労使コミュニケーション部門統括研究員)


戦後、日本の労働社会はどのように形成されてきたのか。そして現在、正規・非正規労働者の双方に過酷な働き方をもたらしている労働社会のありようを、どのように変えていくべきなのかについて問題提起し、議論したい。



配付資料
LinkIconレジュメ


参考図書
濱口 桂一郎『新しい労働社会:雇用システムの再構築へ』岩波新書(2009年)
濱口 桂一郎『日本の雇用と労働法』日経文庫(2011年)
濱口桂一郎『若者と労働:「入社」の仕組みから解きほぐす』中公新書ラクレ(2013年)
濱口桂一郎『日本の雇用と中高年』ちくま新書(2014年)


リンク
LinkIconhamachanの労働法政策研究室
LinkIconEU労働法政策雑記帳

7月7日 日本の労働社会の変革〜ジェンダーの視点

木本喜美子(一橋大学大学院社会学研究科特任教授)


日本の労働社会は男性を主たる稼ぎ手、女性を主婦と非正規労働者として位置づけてきた。現在の男性正社員の長時間労働と、女性を主とする非正規労働者の働き方をめぐる問題点を明らかにし、ジェンダーの視点から改革の方向を提起する。


7月14日 日本の労働社会の改革〜EUと比較

田端博邦(東京大学名誉教授)



EUは、日本と異なる労働時間に対する法規制や非正規労働に対する法的保護と規制の枠組みを持っている。EUと比較しながら、日本の労働社会の改革の方向を提起する。



配付資料
LinkIconレジュメ

7月21日 まとめ

柳沢敏勝(商学部教授)/高須 裕彦(一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター)


これまでこの講義で学んできたことについて、疑問や補足してほしい点などについて、学生にあらかじめメールや感想文で募り、それらに応える講義とする。



配付資料
LinkIconレジュメ

【授業の概要・目的】
近年、若い世代の職場での働き方が問題となっている。本講座では、20〜30代の社会人たちが、実際に職場でどのような働き方をしているのか、その実態と問題点、その社会的背景について明らかにする。また、後半の講義では、ヨーロッパとの比較やジェンダーの視点から、今後の日本がめざすべき働き方について考える。さらに、社会人として知っておくべき労働者としての基本的権利や、問題に直面したときの相談機関や具体的な解決の方法について、実務経験のある労働組合やNPOのスタッフ、弁護士が講義する。就職前の4年生や就職活動を始める前の学生に、ぜひ受講してほしい講座である。


【履修上の注意】
本講義の前半では、職場における厳しい現実の一端を伝えることになる。就職前にそのような実態について知り、実際に問題に直面したときの解決に向けての「知恵」を養ってほしい。


【教科書・参考書】
教科書はとくに使用しない。毎回の講師が作成したパワーポイントやレジュメ、映像教材を使用する。



参考書:宮里邦雄・川人博・井上幸夫著『就活前に読む〜会社の現実とワークルール』(旬報社・2011年)
    川人博『過労自殺』岩波新書(2014年)
    濱口桂一郎『若者と労働:「入社」の仕組みから解きほぐす』中公新書ラクレ(2013年)


【成績評価の方法】
授業の出席確認を兼ねた毎回の感想文提出56点(各4点×14回)とレポート44点(アルバイトアンケート提出4点・最終課題レポート40点)で評価する。最終レポートの課題と締め切りは、6 月9日までに発表。






明治大学学部間共通総合講座
火曜日2限(10:40〜12:10)
駿河台校舎リバティタワー1106教室


コーディネーター 
柳沢敏勝(商学部教授)
連絡先:
yana(at)isc.meiji.ac.jp[(at)を@に置き換えて、送信してください]


支援組織(明治大学の特定課題研究ユニット)
LinkIcon明治大学労働教育メディア研究センター


本講座は労働組合や労働NGO、個人で構成される労働講座企画委員会[代表:平野敏夫(NPO法人東京労働安全衛生センター)]の寄附による講座です。主な寄附者は、全日本自治団体労働組合(自治労)、日本教職員組合(日教組)、産業別労働組合JAM、一般財団法人日本教育会館、公益財団法人総評会館、LaborNowです。